Coyote

JICOが聴けるステキなお店 #2 神宮前「bonobo」

JR千駄ヶ谷駅を出ると、眼前に東京体育館がそびえ、否が応でもオリンピックへの昂揚感が掻き立てられる。いくつかの通りを渡れば閑静な住宅地に入る。折しも祭礼日であったか、祭姿の一行とすれ違った。東京と江戸が交差するそんな街角にbonoboは圧倒的な存在感でそこにある。隠れ家的なドアを押すと、この場所が特別でかつ多くの音楽通に愛される訳が分かる。

店主の成浩一氏曰く「いい音は人を感情的にするんです。日常のいろんな垣根を越えて、ここで仲良くなって頂きたいです。」低音を効かせた刺激だけの音楽ではなく、音楽で感動を与えたいとの意図でNYの有名クラブ「The Loft」での体験をもとに15年前に開店。


システムはスピーカーがアルテック604のユニットを使用した自作。ミキサーも真空管を10本搭載した日本に一台しかないもの。SHURE社のMMカートリッジを採用。「ここはいろんな人がDJとして来るので折れない44-7を使っています。」

3つのフロアからなるbonobo。2Fは和室仕様になっており「お座敷DJ」を楽しめる。不思議な居心地の良さが外国の方にも人気だそう。

おすすめの一杯は何杯でも飲めるという「ウォッカ・クランベリー」

JICO品についての印象を伺うと「N-44-7の入手で困ってる方に、純正との差異を全く感じない、互換性のある品と安心してお薦めできます」

普段ヘッドフォンで音楽を聞いている高校生の女の子に「あれ、ここ、何か音いいわネ。気持ちいいかも。」と言わせるくらいじゃないとダメだと言う成氏。「ガウディハウス」の様に進化し続けるbonoboで、極上の音に揺さぶられていたい。



ミュージックBar「bonobo」
店名は中央アフリカに生息するサルの種族の名前から。ボノボは知能が高く何より平和的なサルで有名。「バナナを1本与えるとチンパンジーは食べちゃいますが、ボノボは半分に割って仲間と分けるんですって。」
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-23-4   ☎ 03-6804-5542
火~日 PM9:00~AM5:00 ランチ営業で関西うどんを供している。
http://bonobo.jp


このコーナーでは JICOのレコード針をお使いのお店をご紹介させて頂いております。自薦他薦を問いませんので、どうぞご応募くださいませ。


ご応募はこちらから↓
日本精機宝石工業(株)東京支店
メールアドレスinquiry@jico.co.jp
メールタイトルに「JICOが聴けるステキなお店掲載希望」と記載の上、ご応募ください。

 

No Comments

Post a Comment

CAPTCHA