レコード針の交換をはじめてされる方へ

CHANGE STYLUS

弊社ではJICO(ジコー)という呼び名であるレコード針を2,000種類以上、約30のメーカーに対応するモデルを製造しております。

レコード針の寿命は以下の試聴時間を目安としてください。
丸針:200時間、ダエン針:150時間、Sダエン針:400時間、シバタ針:400時間、SAS針:500 時間

針の交換方法

HOW TO CHANGE STYLUS

レコード針は簡単に取り外し交換できるタイプのものが多く存在しております。
カートリッジまたはレコードプレーヤーに対応したレコード針を組み合わせることでレコードを聴くことができます。

※レコード針を交換する場合にはプレーヤーやアンプ、スピーカーの電源を必ず切ってください。また針先には絶対に指を触れないようにしてください。

A.最も標準的なタイプの針は、穴に差し込むことで針を装着できます。

(N44GやEPS-270EDなど)

①レコード針のプラスティック部の両端をかるくつまみ、黒矢印方向に引き抜くことで簡単にはずれます。

②新しいレコード針を白矢印方向に差し込むことで装着できます。

B.主に1万円前後のポータブルプレーヤーに取り付けれらている針は、はめ込むことで針を装着できます。

(4RBやSJN-75など)

①レコード針のプラスチック部の両端をかるくつまみ、押し下げることで黒矢印方向へ簡単にはずれます。

②新しいレコード針のプラスチック部の後方をはめ込んだ後、白矢印方向へ押し上げて「パチン」と装着できます。

C.PZP1004、ND-155G、AN-11、ND-142Gなど

①レコード針のプラスチック部の両側をつまんで、前方を少し押し上げ、黒矢印方向へ抜き取ることで簡単にはずれます。

②新しい針の後部突起をカートリッジの溝孔に白矢印方向へはめ込んだ後、針前方を押し上げて「パチン」と音がするまではめ込むことで装着できます。

針の探し方

HOW TO FIND

どのレコード針を購入して良いかわからない場合は以下をご確認ください。

①カートリッジ(図)またはレコードプレーヤーの型番を調べる。
本体のどこかに数字とアルファベットの組み合わせの番号があることが多いです。
②右上の虫眼鏡マークを押し、検索窓にカートリッジまたはプレーヤーの型番を入力し検索。
③検索結果で表示されたレコード針の商品ページに、該当のカートリッジまたはレコードプレーヤーの記載があれば、そのレコード針が対応いたします。
①〜③の手順でも検索結果に何も表示されない場合や商品ページに記載がない場合でも、対応するレコード針の取り扱いがある可能性がございます。
弊社へお問い合わせいただければ詳しくお調べいたします。

対応針一覧表

ボタンを押していただくと対応針一覧表がダウンロードできます。