Coyote

JICOが聴けるステキなお店 #3 八王子「SHeLTeR」

新宿からJR中央線中央特快で35分。東京西部の中核都市・八王子。駅に降り立つと都心との温度差を感じるだけでなく、空気の違いが分かる。この日、駅前の夕景は老若男女で賑わっていた。西放射線道路と呼ばれる商店街を進むと、この街の住みやすさが実感できる。ラーメン屋、すし屋、洋食屋、全国規模のチェーン店。目的地までの腹ごしらえには事欠かない。


果たしてその「SHeLTeR」は、コンクリート打ちっぱなしのスタイリッシュなビルの地階に位置していた。オープンして30年。内装は当時とほぼ変わらないとの事。ただ音自体はシステムがすっかり変わり全く別物という。入口の大きな鉄の扉を押すとそこには音の極楽浄土が待っていた。


システムはミキサーがBozak、スピーカーはJBLのProject Everest DD55000。アンプがAccuphaseでターンテーブルはTechnics SL-1200。開店1時間前には音出しを始め、営業時間中も調整を事欠かない。「そうしないと気持ちいい音はキープ出来ないんです」と気さくに語るのは代表の野嶌氏。カートリッジはShure社のN-44Gがメイン。「色々使ってみたけど、結局オールマイティなこれに落ち着きました」とも。


開店前といえフロアの床が綺麗なのには驚いた。都内から足を運ぶ常連さんは、音のみならず、この清潔な快適さに拠るところも大きいのではなかろうか。伺うと「アルコールやタバコのニコチンで汚れやすいので、こまめに拭いています」なるほど、それなら頷ける。


フロアには座り心地のいい椅子が配されている。SHeLTerは決してダンスミュージック一辺倒ではない。平日は30代から40代の音楽に詳しいお客さんが集い、リスニング中心になる事が多いとのこと。
お薦めのドリンクは野嶌氏がお好きなラム。様々な種類が取り揃えてある。
JICO製品の印象を伺うと「うちは以前からJICOの製品を使ってます。最近は攻めてるなぁという感じがしてます」


DJ Bar「SHeLTeR」
店名はみんなの「保養所」になればという野嶌氏の想いから付けられた。
〒192-0071 東京都八王子市八日町1-1NKビルB1F  tel 042-625-3213
 17:00~終電頃  日休
http://www.at-shelter.com/

このコーナーでは JICOのレコード針をお使いのお店をご紹介させて頂いております。自薦他薦を問いませんので、どうぞご応募くださいませ。
ご応募はこちらから↓

日本精機宝石工業(株)東京支店
メールアドレス:inquiry@jico.co.jp
メールタイトルに「JICOが聴けるステキなお店掲載希望」と記載の上、ご応募ください。

No Comments

Post a Comment