Coyote

ベイシーモデルができるまで #1


2018年12月。目黒であった日本オーディオ協会のパーティでご挨拶したのがきっかけでした。



そこから岩手県一関へ通う日々が始まりました。
初めて訪れた日に。



当社の本社工場からの直線距離は696.61km。(Google Mapより引用)



冬の一関。雪には出会いませんでしたが、寒い……。



こちらは夏。しっかり暑かったです。



開発中の製品を含め様々なサンプルを試聴頂いた。指定席で試聴する菅原さん。



見せていただいた貴重なSHURE針(純正)の在庫品など



この箱をモチーフにして復刻しました。特製木箱の詳細については次回ご報告します。



温かくも厳しいご意見を頂くも帰るときは、いつも満面の笑みで見送っていただくのでまた頑張る気になる日々でした。


最初はBASIEモデルを作らせて頂くことになろうとは思いもしませんでした。
菅原さんの知る「本来の音」に近づけるのに必死でした。
そのうち「これを欲しい人がきっと沢山いるだろう」ということになりました。
(続く)