44モデルカートリッジ受注開始

2021-04-20

この度弊社では44モデルカートリッジ「J44D」「J44A 7」のご注文の受付を開始いたします

【ラインナップ】
「J44D IMP」¥ 9,900(税込)JICO製交換針N44G IMP装着
・「J44D DJ IMP」¥ 9,900(税込)JICO製交換針N44G DJ IMP装着
・「J44D CLUB IMP」¥ 9,900(税込)JICO製交換針N44G CLUB IMP装着
・「J44A 7 IMP」¥ 9,900(税込)JICO製交換針N44-7 IMP装着
・「J44A 7 DJ IMP」¥ 9,900(税込)JICO製交換針N44-7 DJ IMP装着
・「J44A 7 CLUB IMP」¥ 9,900(税込)JICO製交換針N44-7 CLUB IMP装着


※基本的に「J44D IMP」「J44A 7 IMP」はご視聴用、
「J44D DJ IMP」「J44D CLUB IMP」「J44A 7 DJ IMP」「J44A 7 CLUB IMP」はDJプレイ用となっております。

※大変申し訳ございませんが現在一部部材の入荷が遅れており、ただいまご注文いただいた場合約2ヶ月での出荷を予定しております。
何卒ご了承賜りますようよろしくお願いいたします。

本製品は「現存するSHURE社44モデルの純正交換針と弊社の交換針をそのまま使えるカートリッジ」となっております。
SHURE社をリスペクトし44モデルを愛好されている方々に向けて、これからもJICOが存在する限り、44モデルカートリッジ及び交換針を作り続けます。
外観だけを似せた安直なモノづくりは決してせずSHURE社の”モノづくり”をリスペクトし古き佳き”過去”を研究・開発し続けます。

 

 

J44D
¥9,900(税込)JICO製交換針付き

定位感がしっかりしたサウンド。
スムーズな広がり感のある、立体的なサウンドを奏でます。
M44G同等の仕様になっています。

ご注文はこちらから
「J44D IMP」¥ 9,900(税込)JICO製交換針N44G IMP装着
「J44D DJ IMP」¥ 9,900(税込)JICO製交換針N44G DJ IMP装着
「J44D CLUB IMP」¥ 9,900(税込)JICO製交換針N44G CLUB IMP装着

※基本的に「J44D IMP」はご視聴用、「J44D DJ IMP」「J44D CLUB IMP」はDJプレイ用となっております。

【商品仕様】
再生周波数範囲:20Hz~20KHz
出力電圧:5.0mV~8mV
針圧:「J44D IMP」=0.75g〜1.5g、「J44D DJ IMP」=3.5〜4.5g、「J44D CLUB IMP」=3.5〜4.5g
直流抵抗:約800Ω
負荷抵抗:47Kω
自重:約5.6g(針含む)

 

 

J44A 7
¥9,900(税込)JICO製交換針付き

音楽性が豊かで躍動感のあるサウンド。
J44Dにはない迫力ある低音は、芯のしっかりしたサウンドを奏でます。
M44-7同等の仕様になっています。

ご注文はこちらから
「J44A 7 IMP」¥ 9,900(税込)JICO製交換針N44-7 IMP装着
「J44A 7 DJ IMP」¥ 9,900(税込)JICO製交換針N44-7 DJ IMP装着
「J44A 7 CLUB IMP」¥ 9,900(税込)JICO製交換針N44-7 CLUB IMP装着

※基本的に「J44A 7 IMP」はご視聴用、「J44A 7 DJ IMP」「J44A 7 CLUB IMP」はDJプレイ用となっております。

【商品仕様】
再生周波数範囲:20Hz~20KHz
出力電圧:5.0mV~8mV
針圧:「J44A 7 IMP」=1.5g〜3.0g、「J44A 7 DJ IMP」=3.5〜4.5g、「J44A 7 CLUB IMP」=3.5〜4.5g
直流抵抗:約800Ω
負荷抵抗:47Kω
自重:約5.6g(針含む)

 

オリジナルに近づける努力

 

 

44モデル開発インタビュー
取締役社長 仲川 幸宏

 

 

今回開発しようとなった経緯は?
仲川:元々は、2018年SHURE社がフォノカートリッジ生産終了のアナウンスが突然飛び込んできたところからスタートしました。
その後、日が経つにつれ周りの方々から「44のカートリッジ 作ってよ」「44のカートリッジ作るんでしょ」「44の交換針を作っているんだから」などなど、なぜかSHURE社撤退後の穴はJICOが埋めるだろうという風潮というか、声が多くなったことで開発に踏み切りました。

どこにこだわりを持ちましたか?
仲川:まずは、フォルムを同じにすること。次にスペックを同じにすること。
そして何より”遜色の無い音”にするところです。
多くの純正カートリッジをかき集め、ヨークやコイル、ポールピースなどの部品を徹底的に分解、分析、データ取りなど考えられることは全てしました。
44独特の”音質”に関しては、相当こだわりました。

今後の展開については?
仲川:JICOの音の探求をします。基本的には、その探求に必要な製品を開発していきます。
また、それと並行して”アナログレコードを楽しむ空間”をプロデュースする製品、例えば「あれば嬉しい製品」「あれば愉しい製品」「ありそうで無かった製品」などを研究・開発し製造していきます。

今後ともJICO Web Shopをご愛顧のほどよろしくお願いいたします。