Coyote

当社工場の職人へインタビュー(4)

名前:E.M 勤続年数:16年 担当:ゴム成型全般(レコード針の部品としてはダンパーゴム) ダンパーゴムが金型からきれいにはずれるよう型が熱いうちに木べらでこすります。 - やりがいを感じる瞬間は? 注文が沢山来て、自分が生産したものがレコード針としてお客様にご購入していただけた時です。 ダンパーゴムを傷つけないよう丁寧に金型から押し出します。 - 難しい作業は? *バリをきれいに取り除いて、きれいな部品の状態で後の工程に渡すことです。 *バリ:成型時に生じる不要な部分。 歪みなくきれいに穴が空いているか一つ一つチェックします。 ...

名人の秘密治具

日本精機宝石工業(JICO)のレコード針は職人の手作業で組み立てられており、商品や工程によって様々な治具を使い分けています。そのほとんどは全て当社が独自に作り、その多くは長年大切に使われ続けているものです。 社外に公表することはめったになかった名人の秘密治具を特別にご紹介します。 こちらは今年 秋冬に発売予定のWood Carving Cantilever商品専用の治具。 どのような作業に使うものか想像できますか?カンチレバーにダイヤモンドチップを埋めるためには小さな穴を開ける必要があります。以前ご紹介した通り、この新商品はカンチレバーに黒柿という木材を使用しますので、穴を開けるための治具も特別仕様。 つまりこの治具は、木製カンチレバーにダイヤモンドチップ埋め込み用の小さな穴を開けるためだけに作られたものです。 さらに驚きなのは なんとこの治具、職人による手作り! Wood Carving Cantilever商品の開発者が部品を集めて自分で作ってしまいました。 治具そのものも一つの芸術品のようにすら見えてきませんか?そこまでしてでも当社の職人がみなさんにお届けしたいと感じたWood Carving Cantilever の音色。職人の想いが込められた新商品です。発売をお楽しみに。 ...

当社工場の職人へインタビュー(3)

当社工場で働く職人へ、インタビューを行いました。 名前:K.K  勤続年数:37年 担当:樹脂(ノブ)成型 - やりがいを感じる瞬間は? お客様からご注文をいただき製品が商品になって出荷する時です。 - 難しい作業は? 形が複雑な型番のバリ取りと、インサート成型です。部品が複雑な形のインサート成型は金型が壊れないように特に集中します。 *バリ:樹脂成型時に生じる不要な部分。 *インサート成型:金属部品(ホルダー)を金型に設置した後に樹脂を流し込み、金属部品と樹脂が一体化した部品を作る工法。 ...

当社工場の職人へインタビュー(2)

当社工場で働く職人へ、インタビューを行いました。 名前:M.M(製造グループサブリーダー) 勤続年数:13年 担当:組み立て - やりがいを感じる瞬間は? 組みあげた針が無事に出荷された時です。 - 難しい作業は? 滅多に注文が来ない(年間に数本しか来ない)型番を組む時です。 ...

当社工場の職人へインタビュー(1)

当社工場で働く職人へ、インタビューを行いました。 名前:M.T(製造グループリーダー) 勤続年数:23年 担当:音検査 - やりがいを感じる瞬間は? メールなどでお客様からお礼の言葉をいただいた時です。 - 難しい作業は? 特殊チップ(楕円針、S楕円針、シバタ針)のビビリ音、遊び(可動範囲のこと)でデータでは判りづらい微妙な判断を求められることです。 ...